photo
photo

自分の中にあるものを表現したかった。
それをどう表現していいか分からなかった。
やりたいことをやろうと決めたとき、
それが表現する手段になるということを知った。
なわとびや写真や言葉は表現する手段の一つ。
夢をあきらめたこともある。
自分の限界を自分で決めてしまったこともある。
でも今は知っている。
夢の持つ力を信じている。
夢はかなうものであり、
かない続けるものだということを。
これからも僕は探すだろう。
自分になるということを。

そしてそのことが、
誰かの何かのきっかけになったのだとしたら、
すごくうれしい。
そんな心に届くものを表現したくて、
今、この瞬間に僕は存在する。     田口師永

siei's room

The only chance in one's life.
but... perhaps, I willl show you something good when you open my page.